科院3年文学クラス作文 忍者ブログ
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [24] [23] [22]
2017/08/17 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/11/13 (Thu)
 私は晩飯後、母と一緒に家の付近の街へ散歩しに行きます。その時、この街を見歩いて、思わず心から不快かどうか分からない感じがわき起こります。


 ここ数年の経済発展を通じて、街に様々な店が開設されました。特に服屋とスーパー。以前と比べて、街はますます賑やかになってきます。市民がいつもここに大勢いて、買い物や食事をするためです。

 これは結構な結果です。ところが、街は元の美しさやきれいな様相など細かな所を失ってしまいました。毎日、朝から深夜まで、ずっと様々な騒音が混ぜ合わきり、煩くないでしょうか。また、「路边摊」という経営する形が多く、それはどこもかしこもあるゆえ、人たちが食べ物を食べ終わると、ゴミをそのまま街で捨てられます。それほど酷いことを毎日、毎日すれば、街が必ず汚くなるはずです。

 これは人々の行いがモラルに欠けでる表れですが、街にゴミ箱がないので、政府にも責任があると思います。ゴミが街中に散らばらないために、基本的な施設が欠けてはいけません。市民の立場から言えば、個人の素養に関する問題で、すぐに解決するのは不可能だと思います。

 しかし、私たちみんなの努力によれば、再び街がどんどん美しく、きれいになるのを信じています。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]