科院3年文学クラス作文 忍者ブログ
[30] [29] [28] [27] [26] [24] [23] [22] [21] [20] [25]
2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/11/11 (Tue)
ある日、私は妹と一緒 に買 い 物に行 きまし た。急に、妹は一つの広 告看 板を指 して「お姉ちゃん、あの字は間 違って いまるね」と言いま した。始 め、私は気にかけていなかったにのです が、細 かく見 ると、本当に間 違ってい ま した。そ の後、私は街頭の誤 字を注 意し て見るようにしています。探すと、本 当にびっくりさせられます。街頭で、様 々な広 告看板の上で、多 くの誤字がありますが、とても簡単な字でも、間違っています。とてもしようがないという感じがします。
中国の学 生にとって、学校に入 ると、国 語の授業の第 一単 元では漢字を学びます。その上、長い時 間ずっと漢 字を勉強しています。しかし、多くの漢 字はま だ書けずに、そして、いつ も間 違っ てしまいます。それはどうしてでしょうか。それは大き な問 題になります。

日常生 活の中で、私達は何気なく誤 字を書くかもしれなくて、しかし、もし直ち に見直したとしても、それは大き な関 係ではありません。しかし、恐ら く明 ら かに間違っていても、正さなくても、最後にはどうしても正しにくくなるのだと思います。

これはただ表面上の問 題で、更に深く考 えて見 ると、中国の未 来として、自分に国 語さえ書くことができない人が増えれば、それでは更に何を学 ぶべますか。それが本当の問 題です。

ですから、私たちは子供の時から必 ず間違いがあれば、きっと直 ち に訂 正する習慣を身につけることを始めなければならないでしょう。そうすれば、きっ とが街 頭の誤 字に出会わなくなるでしょう。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]