科院3年文学クラス作文 忍者ブログ
[32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [24] [23] [22] [21]
2017/08/17 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/11/12 (Wed)
 中国の街で立つたびに、いちばん深い印象は「賑やか」です。多分中国の人口が多すぎるからかもしれません。街では様々な声が聞こえてきます。例えば、行商の売り声、店先の音楽、自動車のクラクション、犬のなき声。これらは中国の街の最大の特色です。

 以上のことを見ると、中国の街は煩いし、混乱しているし。秩序がないと思いますが、これは中国の庶民文化の一部です。
 私はそのような街が存在することに反対しません。町で立つとき、私はこの世界に生きていることを感じます。それに、私は一人だけではないし、世の人情を感じることができます。もし全部の街は静かで、人間の声や動物の声や自然の音が全然聞こえなければ、このような無言な街が寂しくて怖いと感じます。人間がいる所が賑やかなのは必然的ですが、
きれいな街、秩序がある街、人情がある街も大切だと思います。
 今の社会は文明や素質や教養などがあることを全民に提唱するので、賑やかと文明の街があれば、みんながきっと幸せだと思っています。
 以上は私が街で感じたことです。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]