科院3年文学クラス作文 忍者ブログ
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
2017/09/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/14 (Tue)
 中華人民共和国を築き上げた功臣といえば、中国人として、最初に思い付くのは必ず毛沢東に違いない。毛沢東の字は潤之、沢東は後来、彼自身が自分に付けた名前である。彼は偉大なる革命家でありながら、思想家でもある。彼の提示したさまざまな理論は後世思想の礎となった。

 老後の過ちを除けば、彼の軍事方面での思想は、ほとんど中国の政治情勢にあったものであった。「遵義会議」で、毛沢東思想が全共産党での指導地位を確定した。それから、武力で革命の勝利を手に入れようという理論や農村から少しずつ都市へ奪還行動を行うなど、有名な軍事理論も次々と提示した。これらの正確な導きで、四回の「反围剿」行動が順調に実行され、そして成功したのであった。この後、十年をかけた長征をリードし、ついには南京に突入。国民党を追い払い、旧中国を解放したのであった。

 あの戦乱の時代では、毛沢東は正に民たちの希望を灯す太陽であった。中国人にとって、彼はもっとも英雄という言葉に相応しい者であろう。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]