科院3年文学クラス作文 忍者ブログ
[23] [22] [21] [20] [25] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
2017/08/17 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/23 (Thu)
 中国の近代文学からすれば、魯迅先生は必ず一番有名な人である。先生の本名は周樹人で、字は豫才。ペンネームの魯は母親の姓だという。先生は中国の翻訳家、思想家、小説家で、代表作に『狂人日記』、『孔乙己』などがある。
 1918年、先生は雑誌『新青年』に『狂人日記』を発表した。この作品は、文語主体の旧来の中国文学を口語主体とする点で画期的だった。わずか15ページの短編作ではあるが近代中国文学の最高傑作ともいわれ、外国の中国文化研究者間では高く評価されているようである。以来、先生は『阿Q正伝』や『故郷』など著名な作品を発表した。しかし、先生が有名な原因は、これからの作品によるだけではない。先生の民族の精神と、多くの中国人を激励したことにあった。

 先生は筆を武器として戦った戦士である。先生の精神の中核をなすものは批判精神であり、これこそ今日私達の社会で求められるものである。先生はもう亡くなったが、作家として、先生は偉大で、戦士として、勇敢でもある。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]