科院3年文学クラス作文 忍者ブログ
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]
2017/09/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/15 (Wed)
始めて徐静蕾の顔を見たのは、『ラブレター』というダラマのなかだ。きれいなことはきれいだが、印象的だったの は、彼女の 自然な優雅さである。
何となく、ほかの人と違い、彼女から出るふんいきは、人々はわすられない。

彼女の字もきれいで、幼少時代からずっと練習しているそうだ。彼女はたくさんの才能を身に付けている。彼女は今後自分の成功を本にする。彼女は俳優だけではなく、今は中国の第三代の演出家になっている。

また、普段の生活のなかでの彼女は、普通の女の子と同じで、些細なことにも喜びを感じる。彼女はあまり物欲が高くないので満足しやすい。自分のやりたいとおりにする。これこそ彼女の特別な魅力である。彼女からでるオーラは、太陽のように眩しいだけではなく、人々の気持ちをよくする光である。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]